販売の差別化で売上倍増【チート資料】

最終更新: 7月16日


▼言い訳できない環境

UR-U入学は【こちら

体験入学は【こちら】(※8月9日まで無料)

※体験入学でもチート資料は入手できます。


「商品の差別化をしても売れない...」

「価格競争に巻き込まれしまった...」


モノが市場に溢れている時代。商品の差別化をしても結局は他の人が既にやっていることであったり、大手に真似され資本力に負けて、価格競争に巻き込まれてしまいます。


商品の差別化が難しい現代においては、販売の差別化が重要な鍵になります。販売の差別化をすることにより、今までと全く同じ商品でも販売数が圧倒的に変わり、売上が上がります。新商品の開発などの無駄なコストをカットでき利益アップにもなり一石二鳥です。


今回は誰でも簡単に確認できるように11のチェックリストのチート資料を配布します。

チェックリストを使って、自分のビジネスを見直して売上と利益両方を上げていきましょう。

記事掲載

❶11の販売戦略チェックリスト前編

❷11の販売戦略チェックリスト後編

11の販売戦略チェックリスト前編

まずは売れるに変えるチェックリストの前編を見ていきましょう。


□ 価格優位性

販売する時の一番の理想は安く仕入れて、相場より高く売ることです。しかし、一番初めからそこを目指すと全く売り上げることができません。まずは安く仕入れて、相場で売りキャッシュを作ることを目標にすることが大切です。


□ 接触施策

いきなり知らない人に街中で声をかけられて、商品を買わないように、人は知っている人や会社からモノやサービスを買います。インターネットやSNSが普及した今、いかにネット上で自分が見込み顧客と接触できるかが重要です。


人はSNS上で何回も見ている人に対して、会ったことがある気分になり共感をしたりして、親近感がわきます。そこまでの信頼感をSNS上で築くことにより、自分の商品やサービスを簡単に販売することができるようになります。


□ イメージ性

無印良品と言えば『シンプル』のようにブランドイメージを社員はもちろんのこと、ユーザーも一言でイメージできていることが大切です。そうすることにより、『シンプルもの』=『無印良品』となり、シンプルなモノを購入する時に、顧客の中の候補としてイメージされ購買につながります。

※ブランディングチェックシートは、UR-Uアプリのチート資料からダウンロード可能です。


□ 返報性

人は与えられると何かお返しをしたくなる性質があります。それはたとえモノでなくても、自分の誕生日の時にお祝いのメッセージが届いたり、来店後にお店にタグ付けしてもらったりするだけでも、何かお返しをしたくなります。先に与えることによって、次回来店や購入につながります。

▼言い訳できない環境

UR-U入学は【こちら

体験入学は【こちら】(※8月9日まで無料)

※体験入学でもチート資料は入手できます。



□ 限定性

人は限定された商品を買いたくなります。限定する時に、時間、場所、人を限定することによりさらに購買意欲が上がります。時間であれば『期間限定』場所であれば『地域限定』人であれば『購入者限定』のように限定します。これによりさらに売上アップにつながります。


□ 拡大性

1対1のビジネスをしている限り、時間的自由になることはありません。1対Nの拡大性のあるビジネスを考えることが重要です。Amazonのkindleの場合、その先にサブスクの電子書籍などがあり、ストック型のビジネスにつながります。


自分でビジネスをスタートする時には必ず、工数をかけずにどれだけ多くの人に同時に販売できるかを考えましょう。


❷11の販売戦略チェックリスト後編

それでは、11の販売戦略チェックリストの後編を見ていきましょう。

これより先は、UR-Uアプリのタイムライン投稿にある「チート資料」よりご確認いただけます。


他にもアイデアを無限に出すためのチート資料や、潰れないお店を作るための分析資料など、40以上のチート資料があります。普段3時間かかっていた仕事も30分で終わらせて定時帰宅。上司からの評価も上がって、給料アップしたり。ぜひチート資料を活用して、自分の好きなことをする時間を増やしてください。


▼言い訳できない環境

UR-U入学は【こちら

体験入学は【こちら】(※8月9日まで無料)

※体験入学でもチート資料は入手できます。

84回の閲覧0件のコメント